腹筋の取扱説明書①

いつもブログにアクセスいただきありがとうございます。

札幌でパーソナルトレーナーをしている飯田です。

最近話題の...

最近、メディアでよく目にしたり耳にする言葉が“腹筋女子”や“シックスパック”です。

“腹筋女子”は、有名なモデルや女優さんがハードなトレーニングで鍛えた腹筋が話題となり見せる腹筋を目指す女性が増えてきたことから生まれてきた言葉です。

“シックスパック”は、いわずもがな皆さんご存知の6つに割れたお腹のことですね。

この二つはいずれも腹筋の一つである腹直筋についての言葉です。

見せる腹筋、かっこいい体型のために腹筋を鍛えたい方、すでに鍛えている方はぜひ今回の記事を読んでください。

 

腹筋の種類

今回は腹筋の種類について述べていきます。

そもそも腹筋というのは、6つに割れるといわれる腹直筋以外にも筋肉の種類があるのはご存知でしょうか。

腹筋と呼ばれる筋肉は以下の通りです。

  1. 腹直筋 ここを鍛えるとシックスパックになります!・お腹の一番外側にある
    ・お腹の中央を縦に走る
  2. 外腹斜筋 くびれを作る、セクシー筋肉・お腹の側部では一番外側にある
    ・肋骨から骨盤へを斜め下に走る
    ・身体を捻ったり、横に倒したりする
  3. 内腹斜筋 外腹斜筋とともにくびれを作る・外腹斜筋より奥にある
    ・骨盤から肋骨へ斜め上に走る
    ・外腹斜筋と協力して身体を捻ったり、横に倒したりしている
  4. 腹横筋 くびれができるだけでなく、ポッコリお腹解消や背骨と骨盤が安定して美姿勢に! 

    ・お腹の中で一番深層部にある“コア”のひとつ
    ・下腹部にあり、コルセットのようにお腹から背中までをぐるりと横に覆う
    ・呼吸の時に働いて、腹圧を調整する
                 

腹筋といってもそれぞれの筋肉に特徴や役割がありますね。

みなさんが、どのような体型を目指すかで鍛える場所も変わってきます。

それぞれの特徴をしっかり理解し、理想の身体を手に入れましょう!

次回は、「見せる腹筋は使える腹筋?」についてお伝えしていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

幅広い年代の方のパーソナルトレーニングを担当。姿勢や動きの改善を専門とし、ピラティスを使ったトレーニングのみならずコンディショニングにも定評がある。