猫背改善のトレーニングのやりかたを間違えていませんか?

ブログにアクセスしていただきありがとうございます。

 

札幌中央区の円山で姿勢改善を専門にパーソナルトレーニングを行うX-functionの飯田です。

 

前日にピラティスインストラクターのブラッシュアップセミナーに参加してきたのですが投稿しようとしていた内容と少し被ってしまったので投稿をためらっていました…

 

しかし読んでいただく方に少しでも為になる情報をお伝えしたかったため改めてこの内容の投稿を決意しました。

 

猫背に悩む方は多い

 

この記事を読んでいる方は姿勢を少しでもよくしたいと思っている方が多いことでしょう。

 

姿勢でよく出てくる言葉の一つが“猫背”です。

猫背:座った猫の背中のように人間の背中が丸く内側へ反るようになる現象

※Wikipediaより引用

 

このように説明されておりますが、背中の中でも胸の範囲で存在する胸椎と呼ばれる部分が丸くなっていることを猫背といいます。

 

ですので、腰が丸くなったいる場合はもちろんのこと、腰の部分(腰椎)が反った形であっても(反り腰)胸椎が丸くなっていればそれは猫背の分類に含まれます。

 

 

猫背の姿勢は何がいけないの?

 

では、なぜ猫背の姿勢が姿勢不良とされているのでしょうか。見た目が良くないからでしょうか?

 

胸椎は脊柱(背骨)のうちの1部分にあたり、脊柱は本来S字カーブで湾曲しています。

 

S字といっても軽いS字であるため、胸椎は少しだけ屈曲してるのですが、

 

猫背の場合はその胸椎が屈曲し過ぎた状態になります。

 

少し難しいお話ですが、

 

背骨の動きは1つ1つが連なって動くため胸椎が丸くなりすぎるとその上の頭が前に出たり(ストレートネック)、腰が反ったり丸くなったりと他の箇所で背骨のバランスを取ろうとします。

 

結果的に腰が反ったり首が動きすぎて首の痛みや腰の痛みなどが猫背が原因によって引き起こされるのです。

 

肩こりや、腰痛、首の痛みなどの症状にお悩みの方は猫背が原因である可能性があるのです

 

注意
原因が分からないときはむやみにトレーニングをせず、まずは身体に詳しい専門家に相談しましょう。

 

間違ったやりかたのトレーニング

 

猫背によって肩こりや腰痛、首の痛みなどの症状を引き起こす場合があることは分かりましたが、

 

その猫背をどう改善していけばいいのでしょうか。

 

猫背が胸椎の屈曲であればその反対の胸椎が反った形(胸椎の伸展といいます)へ持っていけばよいと思われることでしょう。

 

ですので多くの方が背筋のトレーニングを行ったり、筋膜リリースといってフォームローラーを使い胸椎部分をコロコロしたりするかもしれません。

 

確かに猫背の方は胸椎伸展が苦手な方が多いのですが、注意したいポイントは脊柱を反った形(脊柱の伸展)をとっても胸椎がしっかり伸展した状態が作れていなければ効果がないということです。

 

一般的に背筋と呼ばれている『バックエクステンション』というエクササイズを例にとって説明させていただきます。

 

うつ伏せで上半身を起こしていくエクササイズなのですが

 

     

    大まかにこの二つを確認しておかなければなりません。

     

    これは、猫背の説明とほぼ同じ考えなのですが、胸椎伸展があまり出ないとほかのところが補う、誤った動きが出ます(代償動作といいます)。

     

    バックエクステンションを独学でされている方のなかには、腰を反らせて上半身を起こしている方をよく目にします。

     

    もしかしたらバックエクステンションを指導されている方の中にもこのポイントを見過ごされている方もいらっしゃるかもしれません。。(あってほしくないことですが…)

     

    これでは、猫背改善のためにトレーニングを行っているはずが腰痛などを引きを起こすトレーニングになりかねないことを知っておきましょう。

     

    また、素早く反動のつけた動きも姿勢改善には適していません

     

    背中周りのパワーのために行うのであれば反動も間違いではありませんが、姿勢を改善のために行う場合は基本的にインナーマッスルを使っていきたいのでゆっくりと行うことが大切です。

     

    まとめ

     

    今回は猫背に焦点を当てた内容で、トレーニングの種類というよりは質のお話でした。

     

    実際には、どのトレーニングが良くないということはほとんどありません。

     

    上記でご紹介したバックエクステンションもしっかりと猫背改善のためには有効なトレーニングの一つといえます。

     

    ですが、問題はトレーニングの種類ではなく質(やり方)にあるのです。

     

    書籍などでいろいろなトレーニングが紹介されていたりしますが、そのやり方がしっかり行えていなければ効果は半減どころか0もしくは痛みにつながるようなマイナスの結果をもたらしてしまうのです。

     

    ご自身がしっかり行えているかはトレーニングの専門家に確認してもらうことで判断できますので、姿勢を良くしたいという方はパーソナルトレーニングを専門とされている方にみてもらうことをお勧めします。

     

    追記:中央区円山にあるX-functionにトレーニングツールが少し増えてきたので姿勢改善に役に立つトレーニングやムーヴメント、そしてそのやりかたなどを動画などを使ってご紹介したいと考えています。ぜひお楽しみに

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    LINEなら24時間予約可能

    友だち追加

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    幅広い年代の方のパーソナルトレーニングを担当。姿勢や動きの改善を専門とし、ピラティスを使ったトレーニングのみならずコンディショニングにも定評がある。